FC2ブログ

療育のはじまり

療育のはじまり に関する記事です。
夏休みに1通のメールが届いた。
なんとそれは、9ヶ月前に私がインターネット上の掲示板に書き込んだメッセージを見て、あるお母様が連絡を下さった。

「私たちは子供のために、ハワイからセラピストを呼んでいます。宜しかったら、会ってみますか?!」

私がやりたかった全てがそこにある!!!!!!
そんな気がした。

無理やりスケジュールを作ってもらい、お会いした女性は、とても綺麗な人だった。彼女の所属学校はPacific Autism Center
http://pacificautismcenter.com/
もともと、オーナーは自分の子供がABAで完全に障害を克服。それをきっかけにこの学校を作った。

彼女が一番始めに私たちに言ったことは
「英語で1日中、話をする決心ができるか?保育園をインターナショナルスクールに変えられるか?」
ということだった。

それは、療育を英語でする決心をしなさいということ。
英語が得意ではない両親にとっても、それはとても大変な決心である。
しかし、私たちは"英語”しか、選択がないことを説明。しかし、お金の問題で彼を今すぐインターナショナルスクールには入れてあげられないことも話をした。とりあえず、家庭内では、出来るだけ英語でコミュニケーションをとることを約束し、セラピーが開始。



なんと、2歳9ヶ月の息子は、私たちの目の前で、たったの2日間で
椅子に座り
まねる
ことを覚え、”tea”や”cookie”などを言うことができたのだ!!!!

自分たちの目の前で起こったことが、本当に信じられなかった。
そして、ABAを信じずにはいられなかった。。。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skillcamp.blog80.fc2.com/tb.php/9-47cda3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック